【筋トレ方法ガイド】 - 腹筋の鍛え方・割り方


筋トレに関する情報をご紹介

顔の筋トレ

顔の筋肉を鍛えることで、シワがなくなり、すっきりしたフェイスラインを実現できます。顔を構成しているのは、口輪筋・頬骨筋・オトガイ筋・胸鎖乳骨筋・顎舌骨筋などの、表情筋と言われる筋肉です。これらの筋肉のトレーニングを行うことで、顔全体の筋肉が引き締まります。また、ほうれい線など、シワを予防する口角下制筋も自然に鍛えられ、しまりのある口元になります。

口輪筋(口のまわりの筋肉)が衰えると、口元が歪み、表情全体がゆがんで見えます。口輪筋を鍛えることで表情が明るくなります。また、頬骨筋(笑う時に使う、口角を後・上方に引っ張る筋肉)の衰えは頬のたるみの原因となります。頬骨筋を鍛えることで頬からあごのラインがスッキリします。オトガイ筋(下あごを押し上げる筋肉)の衰えは二重あごの原因となります。ここを鍛えることで、あごのラインがスッキリしてシャープな顔の輪郭を作ることが出来ます。

まずは、筋肉を鍛える前に、軽くストレッチを行い、顔の筋肉をほぐします。頬の真ん中あたりで、押すと痛いところがありますが、そこに親指を当て、耳をふさぐような形で残りの指で後頭部を押さえます。手の形を変えないようにして、親指で筋肉を持ち上げるような感じで押さえながら、大きく口を開け「あいうえお」とゆっくり発声します。

顔の筋肉を鍛えるストレッチとしては、1.アゴの骨の内側に親指を引っかけ、他の指で目の下の頬骨を押さえます。2.そのまま口を縦に開いたり閉じたりします。3.口を左右に動かします。普段あまり噛まない動きを意識して行います。鏡を見ながら、顔じゃんけんを行うなど、できるだけ顔の筋肉を使うようにするのも顔の良いエクササイズになります。マッサージクリームで顔のマッサージを行うのも効果的ですが、この場合、顔の筋肉の流れに沿ってマッサージを行うのがポイントです。




▲このページの上部へ