【筋トレ方法ガイド】 - 腹筋の鍛え方・割り方


筋トレに関する情報をご紹介

腹筋についての予備知識

まずは、マッチョを目指すのに、腹筋の割れを実現させたい、と考えることでしょうが、そもそも、腹筋とはどのようなものか理解しておくのも、トレーニングする上で役に立つでしょう。腹筋とは、腹の骨格筋のことですが、一概に腹筋と言っても、正確には、主に4つの筋肉のことを言います。

1・腹直筋=ボディービルダーなどの、お腹が6つに分かれている部分の腹筋群。2・外腹斜筋=側筋とも言われ、お腹の横側の腹筋群のことです。3・内腹斜筋=上の外腹斜筋の深部にある腹筋群。4・腹横筋=上の内腹斜筋のさらに深部にある腹筋群。この中で、腹筋とは、通常は腹直筋を指して言います。腹直筋は様々な運動で重要な働きをする筋肉であり、鍛えることでスポーツ全般に効果を発揮します。

また、腹筋は腹腔の内臓を保護するほか、筋の収縮緊張によって腹圧を高め、その結果、腹部内臓が圧迫され、排便、排尿、分娩が促進されます。このように、腹筋を鍛えることは、日常生活や健康にも何かと効用があるとされています。肥満になるとまず腹筋の部分のたるみが目立つようになり、肥満解消のためにも腹筋を鍛えることが重要、ともよく言われます。

力を入れようとすると、まずお腹に力を入れます。一歩目を走り出す時、ジャンプする時など、何をする時でも、まずお腹に力を入れます。また、体をひねったりする時にも、腹筋を使います。こうしたことからも、すべての運動で腹筋が重要だという事がわかるものです。たかが腹筋、されど腹筋、というわけですね。あらゆるスポーツで、基礎体力作りで、腹筋運動が重視されているのもこのためなのです。マッチョを目指すだけでなく、日ごろの健康のためにも、腹筋も忘れずに鍛えるべきなのです。




▲このページの上部へ