【筋トレ方法ガイド】 - 腹筋の鍛え方・割り方


筋トレに関する情報をご紹介

筋トレの注意点

筋トレを行うには、とにかく重いものを持ち上げたりなど、体への負担が大きいエクササイズを一生懸命やれば良い、と考えるかもしれませんが、やはり、ただやみくもに体に重い負荷をかければよいものではありませんし、無理は禁物です。筋トレを行う上で、正しいステップ、注意点なども知っておいたほうが良いでしょう。

筋トレの運動といえば、腕立てうせ、ダンベルの上げ下げ、スクワットなどをイメージするかもしれませんが、こうした筋トレの基本ともいえる運動は、まず、呼吸は、息を止めず、ゆっくりとします。そして、反動はつけず、ゆっくりと行うことです。反動をつけて行うと、効果は半減しますし、怪我しやすくなります。

筋トレに限らず、トレーニングは毎日欠かさず行うことが大事とも言われますが、かといって、体調が悪いときでも無理して行うと、これも体調を却って乱すことになりますし、長続きしなくなります。体調の悪いときは休むようにしましょう。関節などの痛みがある時も、トレーニングは休みましょう。またトレーニング中、関節痛などの痛みを感じたときはトレーニングを中止します。なかなか痛みが取れない場合、かかりつけの医師に相談したほうが良いでしょう。

トレーニングは、一度に多くのトレーニングをやれば効果が大きい、というものでもありません。一回のトレーニングあたり、30分〜1時間を目安として行いましょう。また、トレーニングの後は、休養もしっかりとり、水分、栄養補給を十分に行うことも大事です。トレーニングは1〜2ヶ月で効果が現れるようなものではありませんので、すぐに効果は期待せず、とにかく、地道に着実に続けることを心がけましょう。まずはは軽めの負荷からトレーニングから初め、特に成長期だと体の作りが完全ではないので、無理なトレーニングやハードなトレーニングは避けることです。

[PR]一人薬剤師の転職情報のまとめ




▲このページの上部へ